公益社団法人調布市体育協会

.熱中症について

無知と無理でおこる熱中症

調布市体育協会では熱中症についての講習会を開催し、多くの指導員に熱中症の危険性を伝えています。
スポーツによる熱中症事故は、無知と無理によって健康な人に生じるものであり、適切な予防処置さえ講ずれば防げるものです。

知って防ごう熱中症

熱中症とは、暑い環境で生じる障害の総称で、次のような病型があります。
スポーツで主に問題となるのは熱疲労と熱射病です。

熱失神 暑熱環境下では、体温調整のために皮膚の血管は拡張します。このような皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少しておこるもので、めまい、失神などがみられます。脈が早くて弱くなり、顔面蒼白、呼吸回数の増加、唇のしびれなどもみられます。長時間立っていたり、立ち上がった時、運動後などにおこります。
熱疲労 大量の汗をかき、水分の補給が追いつかないと脱水がおこり、熱疲労の原因となります。熱疲労では、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などの症状がみられます。
熱けいれん 汗をかくと水と塩分が失われます。汗の塩分濃度は血液の塩分濃度より低いため、大量の汗をかくと血液の塩分濃度は高くなります。大量の汗をかき、水だけを補給した場合には反対に血液の塩分濃度が低下し、その結果、足、腕、腹部などの筋肉に痛みを伴ったけいれんがおこるのが熱けいれんです。暑熱環境下で長時間の運動をして大量の汗をかく時に起こるもので、通常のスポーツ活動での発生は少ないといえますが、最近ではトライアスロンなどで報告されています。
熱射病 高温環境下で激しい運動を行うと、運動により発生した熱が体表面から放散することができず体温が上昇し、その結果、脳の温度が上昇して体温調節中枢に障害がおよぶと熱射病になります。熱射病では異常な体温の上昇(40度C以上)と種々の程度の意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)が特徴で、頭痛、吐き気、めまい、などの前駆症状やショック状態などもみられたりします。また血液の凝固因子が消耗して血液が固まらなくなったり、脳、心、肺、肝、腎などの全身の臓器障害を合併することが多く、死亡率も高くなります。

万一の緊急事態に備え、救急処置を知っておきましょう

熱失神 涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給すれば通常は回復します。
足を高くし、手足を末梢から中心部に向けてマッサージするのも有効です。
吐き気やおう吐などで水分補給ができない場合には病院に運び、点滴を受ける必要があります。
熱疲労
熱けいれん 生理食塩水(0.9%)を補給すれば通常は回復します。
熱射病 死の危険のある緊急事態です。

(引用:財団法人日本体育協会発行・スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブックより)

熱中症とその予防方法、対処方法など、より詳しい説明は「財団法人日本体育協会ウェブサイト」をご参考ください。

⇒財団法人日本体育協会ウェブサイト(スポーツ医・科学/熱中症を防ごう)
http://www.japan-sports.or.jp/medicine/guidebook1.html

公益社団法人 調布市体育協会

〒182-0011 東京都調布市深大寺北町2-1-65 調布市総合体育館内 Tel:042-481-6221 Fax:042-481-6226
Copyright. Chofu City Amateur Sports Association. All rights reserved.